ブログノウハウ(学ぶ)

【図解】Google Analyticsでイベントを設定する方法

今回の記事は、下記の記事から派生した記事です。

【入門版】Google Analyticsの基礎知識・機能&使い方

「Google Analytics」で目標の設定をする際、下記の4つから目標のタイプを選択します。

  1. 到達ページ
  2. 滞在時間
  3. ページビュー数/スクリーンビュー数
  4. イベント

上記の目標のタイプのうちの、「イベント」について詳しく説明します。

結論から言うと、目標のタイプを「イベント」にすることで、Google Analyticsの分析方法をお好みに設定ができます。

具体的には、下記のような細かな分析ができるようになります。

  • 外部サイトへのリンクのクリック回数
  • 動画の再生回数
  • PDFなどの資料のダウンロード

 
 
さっそく設定方法について見ていきましょう。

目標のタイプ「イベント」とは

目標のタイプの「イベント」とはGoogle Analyticsの機能の1つで、自分の好みで目標を設定して分析ができるようにする機能です。

  • 外部サイトへのリンクのクリック回数
  • 動画の再生回数
  • PDFなどの資料のダウンロード

 
 
自分が知りたい情報に合わせてGoogle Analyticsの「イベント」を設定することで、デフォルトの分析結果よりも、より有益な分析結果を得ることができるようになります。

「イベント」の設定は少し細かくなってしまうので、冒頭で紹介した「【入門版】Google Analyticsの基礎知識・機能&使い方」とは別に、この記事で設定方法の詳細について説明します。
 
 

「イベント」を設定する前に知っておくべきこと

自分が欲しい細かな分析をするためには、事前に知っておくべきことが2点あります。

  1. あなたのウェブサイトのイベントトラック用のコードを知ること
  2. イベントトラック用のコードの構成要素を知ること

 
 

1. あなたのウェブサイトのイベントトラック用のコードを知ること

まずはあなたのウェブサイトのイベントトラック用のコードを知りましょう。
 
 
イベントトラック用のコードは、あなたのウェブサイトにGoogle Analyticsを導入した時期によって変わります。
 
 

【2017年以降に導入した場合】 gtag.js(グローバルサイトタグ)

確認方法は、「Google Analytics管理画面 > プロパティ > トラッキング情報」に進むと確認できます。
 
 

 
 

【2014年~2017年に導入した場合】 analytics.js(ユニバーサルサイトタグ)

確認方法は、「Google Analytics管理画面 > プロパティ > トラッキング情報」に進むと確認できます。
 
 

 
 

2. イベントトラック用のコードの構成要素を知ること

次にイベントトラック用のコードの構成要素について説明します。
 
 
構成要素は全部で5つあります。

  • イベントハンドラ
  • アクション
  • カテゴリ
  • ラベル

 
 
1つずつ解説します。

項目名 項目内容 項目記入例
イベントハンドラ(必須) どんな行動をとすることで計測を実行するのか onClick、onMouseOver
アクション(必須) ユーザーがとるアクション click、play、downloadなど
カテゴリ(必須) アクションを行う対象 link、video,bannerなど
ラベル(省略可) イベントの詳細を表す文字列 リンク名、ファイル名、動画・画像名
値(省略可) 目標の値 1クリック、1再生、1ダウンロードなど

 
 
これら5つの構成要素を、下記のように整理し、先ほどのイベントトラック用のコードに入力する必要があります。
 
 
【gtag.js】

 
 
【analytics.js】

 
 
このようにイベントトラック用コードに項目を入力し、あなたのWordPressにコードを挿入することで、設定した「イベント」の分析を行うことが可能になります。
 
 
WordPressのどこに挿入するかは、次の具体的な設定例と一緒に説明します。
 
 

具体的な「イベント」の設定例

「イベント」は自分が知りたい情報に合わせて設定するので、今回は3つのよくあるシナリオを用意しました。

  1. 「外部サイトへのリンクのクリック回数」を分析するための設定
  2. 「動画の再生回数」を分析するための設定
  3. 「PDFなどの資料のダウンロード」を分析するための設定

1つずつ解説していきます。
 
 

1.外部サイトへのリンクのクリック回数

外部サイトへのリンクのクリック回数を計測する場合は、下記のようにタグを設定します。

イベントハンドラ onClick
アクション click
カテゴリ link
ラベル 外部リンクのURL
1

 
 
次に設定したタグを、イベントトラック用のコードに記入します。
 
 
【gtag.js】

 
 
【analytics.js】

 
 
次に、作成したイベントトラック用コードを、WordPressに挿入します。
 
 
「WordPress管理画面 > 外観 > テーマエディター > 編集するテーマを選択 > 親テーマを選択(「child」と書いていない方) > header.php」まで進みます。
 
 
タグの直前に、作成したイベントトラック用のコードを挿入し「ファイルを更新」を押して、設定は完了です。

 
 

2.動画の再生回数

動画の再生回数を計測する場合は、下記のようにタグを設定します。

イベントハンドラ onClick
アクション play
カテゴリ video
ラベル 動画名
1

 
 
次に設定したタグを、イベントトラック用のコードに記入します。
 
 
【gtag.js】

 
 
【analytics.js】

 
 
作成したイベントトラック用コードを、WordPressに挿入する方法は、「外部サイトへのリンクのクリック回数を計測する場合」と同じです。
 
 

3.PDFなどの資料のダウンロード

PDFなどの資料のダウンロード数を計測する場合は、下記のようにタグを設定します。

イベントハンドラ onClick
アクション download
カテゴリ pdf
ラベル ファイル名
1

 
 
次に設定したタグを、イベントトラック用のコードに記入します。
 
 
【gtag.js】

 
 
【analytics.js】

 
 
作成したイベントトラック用コードを、WordPressに挿入する方法は、「外部サイトへのリンクのクリック回数を計測する場合」と同じです。
 
 

  • この記事を書いた人

とみー (tomoyamizobe)

■【Firehub(ファイヤーハブ)編集長】 FIREを目指される全ての方にとって、少しでもお役に立てるような情報を毎日発信しておりますので、FIREまでの道のりのお供として、参考にして頂けたら幸いです。 ■【経歴】 元ホームレス ▷ 米国テキサス州の大学を卒業 ▷ 外資コンサルティングファームに就職 ▷ 複業家 (外資コンサル/資産運用/中国輸入ブログ運営などのメディア配信) ※好物はケンタッキーです

-ブログノウハウ(学ぶ)

© 2021 Firehub (ファイヤーハブ)