ライフスタイル(学ぶ)

【寝るのが一番です】燃え尽き症候群から回復する方法


 
 
 
 

悩むひと
やり切ってしまってやる気が出ない・・・燃え尽き症候群から回復する方法が知りたいな・・・

 

こんなお悩みを解決します。

 
 
 
 

本記事の内容

  • 燃え尽き症候群から回復する方法を紹介します
  • 実際の体験談から効果がある回復方法を紹介します

筆者の情報



この記事を書いている私は、FIRE達成に向けて、労働収入を増やしたり、副業で事業収入を得たり、投資で配当収入を得たりしています。
 

この記事では、燃え尽き症候群からの回復方法を紹介します。

 
 
 
 
燃え尽き症候群から回復したい方や、何だかやる気が出ないという方も、ぜひこの記事を参考にしてみてください!
 
 
 
 

 
 
 
 

【寝るのが一番です】燃え尽き症候群から回復する方法


 
 
 
 
タイトルにもある通り、燃え尽き症候群や、やる気が出ないときには、寝るのが一番です。
 
 
 
 
また、寝るのに付け加えて以下のことも回復するのに効果的です。
 
 
 
 

燃え尽き症候群から回復する方法

  • ひたすら寝る
  • 情報をシャットダウンする
  • 好きなものを好きな時間に食べる

 
 
 
 

1つずつ解説していきます。

 
 
 
 

回復する方法①:ひたすら寝る


 
 
 
 
ひたすら寝ましょう。
 
 
 
 
1日中ベッドで過ごすのも良いですよ。
 
 
 
 
燃え尽き症候群や、何となくやる気が出ない時は、肉体的にも精神的にも披露していることがほとんどです。
 
 
 
 
徹底的に寝て休めば、それだけでも意外と回復できたりもします。
 
 
 
 
全快はできなくても、肉体的には寝るだけでも十分回復できます。
 
 
 
 
頑張って無理に行動を起こすより、ひたすら寝る方が回復が早い場合があるので、無理せず寝ましょう。
 
 
 
 

回復する方法②:情報をシャットダウンする


 
 
 
 
次に、あなたの周りの情報を全てシャットダウンしましょう。
 
 
 
 
特に目と耳からの情報はシャットダウンすることをお勧めします。
 
 
 
 
例えばテレビやスマホを見るのを止めたり、とりあえずを目瞑って横になるだけでも目からの情報を断ち切ることができます。
 
 
 
 
また耳からも情報をシャットダウンするとかなり効果的です。
 
 
 
 
メラビアンの法則という、「人間は、言語、聴覚、視覚の3つから多くの情報を得ている」という心理学の法則があります。
 
 
 
 
その中でも特に割合の多いのが視覚と聴覚です。
 
 
 
 

 
 
 
 
これら2つを休ませれば、情報の負荷が軽くなるので体を休ませることができます。
 
 
 
 
徹底的に休むという意味でも、目や耳からの情報をシャットダウンしてみてください。(それにはやっぱり寝るのがいちばんです笑)
 
 
 
 

回復する方法③:好きなものを好きな時間に食べる


 
 
 
 
最後は、好きなものを好きな時間に食べることです。
 
 
 
 
朝昼晩決まった時間帯に食べるのも良いですが、「お腹が空いたときに食べたいだけ好きなものを食べる」のがおすすめです。
 
 
 
 
寝たり、情報をシャットダウンしていると、あまりお腹が空いてきません。
 
 
 
 
お腹が空いていないに無理して食べる必要はありません。
 
 
 
 
ただ長時間寝ていると、やっぱり途中でお腹が空いてきます。
 
 
 
 
そういう時は、好きなものを食べましょう。
 
 
 
 
私の場合は普段あまり食べないけど、以下のものが食べたくなったりします。
 
 
 
 

食べたくなるもの

  • ジャンクフード
  • 甘いソーダ
  • あったかいスープ

 
 
 
 

このようなその時自分が食べたいと思ったものを、好きなだけ食べるようにしましょう。

 
 
 
 
食べたいと思うということは、それを体が欲しがっているという証拠でもあります。
 
 
 
 
体が欲しがっているものを素直に聞き入れて、それを食べるようにすれば自ずと元気が出てくるのでおおすすめです。
 
 
 
 
またこういう状態には完全栄養食もおすすめです。
 
 
 
 
調理も簡単で栄養価も高いので、ジャンクフードや甘いジュースなどがやっぱり食べたくない方にはおすすめです。
 
 
 
 

まとめ:【寝るのが一番です】燃え尽き症候群から回復する方法

 
 
最後に燃え尽き症候群から回復する方法についてまとめたいと思います。
 
 

燃え尽き症候群から回復する方法

  • ひたすら寝る
  • 情報をシャットダウンする
  • 好きなものを好きな時間に食べる

ただこの3つをあなたのタイミングで繰り返すだけです。

 
 
 
 
無理をして頑張るよりも、休むときには手tって意的に休んだ方が回復が早いです。
 
 
 
 
燃え尽き症候群だと思う方や、やる気が出ないと思っている方は、ぜひ試してみてください。
 
 
 
 

  • この記事を書いた人

とみー (tomoyamizobe)

■【Firehub(ファイヤーハブ)編集長】 FIREを目指される全ての方にとって、少しでもお役に立てるような情報を毎日発信しておりますので、FIREまでの道のりのお供として、参考にして頂けたら幸いです。 ■【経歴】 元ホームレス ▷ 米国テキサス州の大学を卒業 ▷ 外資コンサルティングファームに就職 ▷ 複業家 (外資コンサル/資産運用/中国輸入ブログ運営などのメディア配信) ※好物はケンタッキーです

-ライフスタイル(学ぶ)

© 2021 Firehub (ファイヤーハブ)