ブログノウハウ(学ぶ)

【2021年最新版】All in one SEOセットアップウィザードの設定方法 全10ステップ

2021年2月4日


 
 
WordPressでブログを作成した後にするべきことの1つに、プラグインの設定があります。
 
 
最も有名なプラグインの1つとして「All in one SEO Pack」というプラグインがありました。
 
 
しかし2021年現在は名前から「Pack」がなくなり、「All in one SEO」というプラグインにアップデートされています。
 
 
ブログを始める初心者の方の中で、

  • 最新版の「All in on SEO」のセットアップウィザード設定方法を知りたい
  • ネットにたくさん情報はあるけど、情報が古かったり、なんだか難しくて分からない

などの悩みを持っている方も多いと思います。
 
 
この記事を読めば、

  • 「All in one SEO」とは何か分かります
  • 「All in one SEO Pack」の設定方法ではなく、最新版の「All in one SEO」のセットアップウィザード設定方法が分かります

 
 
この記事を書いている筆者も、最新版の「All in one SEO」の設定方法が分からず、ネットで様々な記事やブログを調査しました。
 
 
そこで感じたのが、情報が古かったり初心者の方には分かりづらいかなぁという印象を受けました。
 
 
この記事では、初心者の方でも簡単に理解できるように順序立てて、最新版の「All in one SEO」の設定方法について説明していきます。
 
 

 
 

All in one SEOとは

「All in one SEO」とは、WordPressで作成したブログやウェブサイトの「SEO対策」のほとんどを設定してくれるプラグインです。
 
 
「SEO対策」をざっくり説明すると、Googleの検索結果で上位に表示させるために、ブログやウェブサイトに様々な設定をすることです。(今回は「All in one SEO」の設定方法の記事なので、「SEO対策」については別の記事で解説します)
 
 
WordPressに「All in one SEO」のプラグインを導入するだけで、SEO対策の大枠の設定はほとんど完了します。
 
 
個人や企業のブログやウェブサイトを、Googleの検索結果で上位表示させるための1つの方法として、「All in one SEO」を設定していきましょう。 
 

最新版 All in one SEOのセットアップウィザード設定方法 10ステップ

「All in one SEO」の設定方法は全部で10ステップです。

  1. プラグインのインストール
  2. AIOSEOセットアップウィザードの設定
  3. サイトの見え方に関する設定
  4. 「追加のサイト情報」の設定
  5. 「ソーシャルネットワーク」の設定
  6. 「SEO機能」の設定
  7. 「検索の外観」の設定
  8. 「サイトアナライザーのセットアップ+スマートな推奨事項」の設定
  9. 「AIOSEOライセンスキーの入力」の設定
  10. 設定完了

 
 
各ステップごとに解説していきます。
 
 

All in one SEOセットアップウィザード設定手順①:プラグインのインストール

WordPressの管理画面 > プラグイン > 新規追加 > 「All in one SEO」を検索 > 「今すぐインストール」 > 有効化する
 
 
有効化が完了したら、「All in one SEO」のインストールは完了です。
 

All in one SEOセットアップウィザード設定手順②:AIOSEOセットアップウィザードの設定

「有効化」を押すと下の画面が出てきます。
 
 

緑色の「始めましょう」を押します。
 
 

All in one SEOセットアップウィザード設定手順③:サイトの見え方に関する設定

まず初めに下の画面が出てきます。
 
 
作成したサイトのカテゴリーを選択しましょう。
 
 
今回は例として「ブログ」を選択します。
 
 

 
 
次に「ホームページのタイトル」を設定します。
 
 
Googleなどの検索エンジンで検索した時に、どのように表示されるのか設定することができます。
 
 
下の写真の通り、「サイトのタイトル」「区切り」「タグライン」と設定しましょう。
 
 

また、「メタ説明」も設定しましょう。
 
 
メタ説明とは、Googleなどの検索エンジンで検索した時に表示される、サイトの説明文のことです。
 
 
デフォルトでは「タグライン」のみ設定されていますが、ここにはあなたのブログの説明文を書きましょう。
 
 
Googleであなたのサイトを検索した時には、サイトのタイトルの下に説明文として表示されます。
 
 
あなたのサイトの魅力を伝えられるような文を記入しましょう。
 
 
設定後は、「保存して続行」で次に進みましょう。
 
 

All in one SEOセットアップウィザード設定手順④:「追加のサイト情報」の設定

個人または組織を選択しましょう
 
 
個人の場合は「人」、組織の場合は「組織」を選択します。今回は個人で進めます。
 
 
「個人名を設定してください」でプルダウンからアカウントを選択します。
 
 

 
 

All in one SEOセットアップウィザード設定手順⑤:「ソーシャルネットワーク」の設定

次に「ソーシャルプロフィール」を設定します。
 
 
SNSのアカウントをブログと連携させる場合は、アカウントを登録しましょう。
 
 
今回は例としてTwitterのアカウントを登録します。
 
 

「保存して続行」を押します。
 
 

All in one SEOセットアップウィザード設定手順⑥:「SEO機能」の設定

次に「SEO機能」の設定を行います。
 
 
テェックする項目は下記の3つです。

  • サイトマップ
  • 最適化された検索の外観
  • 分析

 
 

 
 
初期設定だと「画像 SEO」がチェックされていると思いますが、チェックから外します。
 
 
理由は「画像 SEO」を有効にするには有料にする必要があるためです。
 
 
有料で登録を検討する方の場合は、選択してもいいと思いますが、今回は無料で登録を行うことを前提に進めていきます。
 
 
上の3つを選択した後は、「保存して続行」を押します。
 
 

All in one SEOセットアップウィザード設定手順⑦:「検索の外観」の設定

「検索の外観」では、③の「サイトの見え方の設定」のさらに詳細を設定します。
 
 
「サイトは工事中ですか、それともライブ(インデックス作成の準備ができています)ですか?」は、下の写真のように「ライブサイト」を選択します。
 
 
「全投稿タイプを含める」はオン(青)にしておきます。
 
 
サイトマップ有効化の「複数の作者がいますか?」は、デフォルトは「はい」ですが、個人のブログの場合は「いいえ」を選択します。
 
 
「添付ページをリダイレクトしますか?」は「はい」を選択します。WordPressで画像ファイルをアップデートすると、勝手に添付ファイルページが作られてしまうことがあります。添付ファイルを使っている記事に正しくリダイレクト(誘導)することができるので、この設定は「はい」にしておきましょう。
 
 

 
 
設定が終わった後に「保存して続行」を押しましょう。
 
 

All in one SEOセットアップウィザード設定手順⑧:「サイトアナライザーのセットアップ+スマートな推奨事項」の設定

「メールアドレス」に登録するメールアドレスを入力しましょう。
 
 
メールアドレスを設定することで、「All in one SEO」から、Webサイトのコンテンツを最適化する方法についてのメールを受け取ることできるのと、SEOAPIに接続することができます。
 
 
SEOAPIとは、SEOを最適化させるためのAPIですが、そもそもAPIってなに?という方に簡単にAPIを説明すると、インターネット上の「何か」と「何か」を繋ぐものと思ってもらえればいいです。
 
 

 
 
「AIOSEOを皆にとってより良いものにするのを手伝ってください」は特にオン(青)にしなくても大丈夫です。
 
 
最後に「保存して続行」を押しましょう。

All in one SEOセットアップウィザード設定手順⑨:「AIOSEOライセンスキーの入力」の設定

ここまで来れば設定はほとんど終わりです。
 
 
「AIOSEOライセンスキーを入力してください」と表示されますが、ライセンスキーは有料のProにアップグレードしないと取得できません。
 
 
「All in one SEO」は無料でも利用可能なので、ライセンスキーは取得しなくても大丈夫です。
 
 
今回は無料で設定するので「このステップを飛ばす」を押します。
 
 

 
 

All in one SEOセットアップウィザード設定手順⑨:設定完了

ここまでで設定は完了です。
 
 
最後に下のような画面が出てくるかもしれません。
 
 

 
 
よく見てみると、、、、
 
 
「おめでとうございます、あなたのサイトはSEO対応ではありません!」という煽り文句が出てきます(笑)
 
 
これは有料版へ誘導するための謳い文句のようなものです。
 
 
確かに有料版にすれば、よりSEO対策が強化されると思います。
 
 
しかし「All in one SEO」は無料でもほとんどのSEO対策が可能なので、ブログ初心者の方のSEO対策としては一旦心配しなくて大丈夫です。
 
 
慣れてきたら細かな部分も内部SEOで強化して、検索結果上位を目指しましょう。
 
 
All in one SEO」以外にも、必須と言えるプラグインはあるので、その他の必須プラグインに関しては、「【最新版】WordPressで必須なプラグインは9個。それだけ。」の記事で紹介します。

【結論】WordPressで必要なプラグインは9個。それだけ。

  • この記事を書いた人

三祖辺 朋也 (tomoyamizobe)

■【Firehub(ファイヤーハブ)編集長】 FIREを目指される全ての方にとって、少しでもお役に立てるような情報を毎日発信しておりますので、FIREまでの道のりのお供として、参考にして頂けたら幸いです。 ■【経歴】 元ホームレス ▷ 米国テキサス州の大学を卒業 ▷ 外資コンサルティングファームに就職 ▷ 複業家 (外資コンサル/資産運用/中国輸入ブログ運営などのメディア配信) ※好物はケンタッキーです

-ブログノウハウ(学ぶ)

© 2021 Firehub (ファイヤーハブ)